FC2ブログ

かつて65社の代理店を持ち、日本でも有数のコスト削減コンサルティング会社を経営していた男の転落人生からの再起を綴るリアルな物語。社会保険料削減ビジネスで社会復帰!

倒産して鬱病になり、5年間入退院を繰り返した経営者の再起ブログ →社会保険料削減ビジネスで起業(社会復帰)する!

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. 「カテゴリ:スポンサー広告」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「旨味のある儲け」がある本物のビジネス

  1. 2016/01/31(日) 19:48:34|
  2. 「カテゴリ:継続収入がある本物のビジネス」


 

一般的に新しく開業した会社が10年後も生き残っている確率は3%以下だと言われています。
数字が示す通り、起業(新規事業)は簡単にはいかないモノです。

株式会社ライブドア元代表取締役社長CEOの堀江 貴文さんが提唱する「失敗しないで儲かる4原則」はご存知でしょうか?

photo3_9.jpg1.利益率の高いビジネス
2.在庫を持たないビジネス
3.定期的に一定額の収入が入ってくるビジネス
4.資本ゼロあるいは小資本で始められるビジネス

上記、4原則にあてはまるビジネスが失敗しにくく儲かるビジネスと言っています。シンプルで分かりやすくて説得力もありますが、もっとビジネスの成功率を上げ、これから始める価値のあるビジネスという観点から考えると、「5.競合が少ないビジネス」をプラスして5原則にする事が重要かと思います。

競合が多いと市場が荒れる傾向があり、価格競争になって利益率は下がり、結局、資本が多いところが勝ってしまいます。

ただ、起業を考えている方々、また新規事業を考えている方々にとって、ホリエモンの4原則プラス1原則などは当たり前のことで、実際はその原則に則ったサービス・商品が見当たらない、またはニセ情報が溢れすぎていて本物の判断が難しいというのが現状ではないでしょうか?

まぁ、今の時代は情報ばかりが溢れていますが、
上記5原則を満たすような都合の良いサービス・商品とは簡単には出会えませんけど。

では、今回ご紹介させていただいた導入事例の案件が、仮にあなたの実績だったら…
どのくらいの儲けになったのかシミュレーションしてみましょう!

きっと、あなたは知るでしょう…「旨味のある儲け」がある本物のビジネスを!

 




スポンサーサイト


<<収益シミュレーション | BLOG TOP | 社会保険料削減のポイント>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。